キジの物語 その2

地元のキジ 少し過去に戻ります
H17年6月 初めて母子連れを撮影 
雛は1羽だけでした 普通はたくさん生むはずです 
(他の場所では雛を7.8羽引き連れたのも見ています)
お父さんらしいオスもそばにいました

そして同じ場所で H17年7月 若のオスとお母さんが撮れました 
一人っ子の過保護気味の若オス 今頃はもうひとり立ち出来たのでしょうか
他の野鳥のように親の縄張りから追い出されるのでしょうか
その後、地元ではキジの雛や若鳥を見かけません

H18年5月 地元の別のポイントで始めてキジのディスプレイを見ました
この時は メスはオスが後を付けてくるのをそのまま受け入れていました
何となく、メスが若すぎるのかも と感じました
そのために雛が生まれなかったのかな、と想像しているのですが、当たりかハズレか分かりませんが、、、

今回はメスが二羽で、オスをじらしている 
オスが何度もディスプレイするのを始めて見る ディスプレイだけではない、この続きもありますよ 
(その割にはいい写真が撮れてませんが)
成熟したメスのようで、これならまた雛を見られるかもと結果を早くも期待する
(プレッシャーはいけませんね、、、)
[PR]
by mimi-bird | 2008-05-09 20:17 | キジ


<< キジの物語 その3 キジの物語 その1  >>