タグ:飛島 ( 71 ) タグの人気記事

謎の鳥 ヒメウタイムシクイらしいと

さて、キタヤナギムシクイではない 謎の鳥
論議が私が分からないところで繰り広げられているようです
ありがとうございます

2007年4月30日撮影
c0079001_2212648.jpg

この写真が見た感じに一番近い色でしょうか 白っぽく感じました
りサイズはしていますがほぼ原版です
鳥の大きさは オオルリくらいかと思ったのですが、もっと小さかったのかも、
3年以上前ですから、未熟な観察者の目では、当てになりません
葉っぱの大きさから推し量る方が正確でしょうか

ここで、Uさんの見解を引用させていただきます
ブログUP了解いただいて、ありがとうございます

>①過眼線が薄いこと、頭頂が平べったく丸みを欠くことからメボソムシクイ属Phylloscopus(キタヤナギムシクイ・チフチャフ等)は否定される。

>②尾羽の形状が丸みを帯びないこと、下尾筒が短く見えることからヨシキリ属Acrocephalus(イナダヨシキリ・シベリアヨシキリ等)は否定される。

>③以上よりウタイムシクイ属Hippolaisの1種と考えられる。

>④全体的な色合い、頭部の大きさ、嘴の長さ、眉斑の形状、初列風切の突出量、尾の長さ等から、ヒメウタイムシクイH. caligataまたはアラビアウタイムシクイH. ramaのいずれかと考えられる。

>⑤体色や嘴、翼、尾の特徴はアラビアウタイムシクイ的であるが、眉斑の形状はヒメウタイムシクイに近い。ただしいずれの特徴も両種にバリエーションがありオーバーラップするため、決定打とならない。

>最終的には、「アラビアウタイムシクイを示唆する特徴をいくつか持っているが、眉斑の特徴はヒメウタイムシクイ的であり、どちらかを断定することはできない。」という結論になるかもしれません。

>もともと識別の難しいグループで、捕まえて手にとっても分からないことがあるそうです。

丁寧な解説ありがとうございます
ここまでくると、ど素人の私には難しすぎます、、、
謎の鳥の写真は撮りましたが、その珍鳥度も分からないくらいですから、“猫に小判”と言うところでしょうか
ヒメウタイムシクイにしても日本で4例目ということらしい
でも、出逢える可能性はあるという証明になったのでしょう
もしかしたら、日本では初めてのアラビアウタイムシクイかも、、、
同種ではないかと論議されるほど似ている二つを
そこまで、丁寧に識別したいのが、私には分からない世界かもしれない
[PR]
by mimi-bird | 2010-10-05 22:21 | ヒメウタイムシクイ

謎の鳥 キタヤナギムシクイ違い

今日も朝から雨です
キタヤナギムシクイではないなら、誰なんでしょう? と気になります
(自分ではキタヤナギムシクイもチャフチャフも皆目分かりませんが、、、)
それでも、誰か特定したいのはどうしてなんでしょうね

少ない画像から頭部や過眼線が写っているボケ写真を見つけてきました
2007年4月30日撮影
c0079001_11344640.jpg
c0079001_1135182.jpg
c0079001_11351510.jpg

Uさんや、お知り合いの方は都合7枚の写真で特定していただけるのでしょうか?
日本での記録が数例しかないか、初めてというムシクイのようです
[PR]
by mimi-bird | 2010-09-30 11:39 | ヒメウタイムシクイ

キタヤナギムシクイではないそうです

3年以上前のキタヤナギムシクイでブログに出している写真についてUさんからメールいただきました
別の写真も見たい、同定のお手伝いをしたいと申し出て下さいました
いきなり見知らぬUさんに写真を直接メールするより、ブログで公開して見ていただくことを申し出ました
快く了解して下さったので、ここに キタヤナギムシクイではないらしい野鳥の別の角度の写真をUPします
実は以前も出して、今は非公開にしている写真です
野鳥がはっきりと分かりやすいように、トリミングしています 
足がはっきり写っている写真もUPしましょう(足は黒くないのでチフチャフではないということです)
2007年4月30日午後2時頃撮影
c0079001_1930239.jpg
c0079001_19303298.jpg


>個体の他の画像があれば、お見せいただけませんでしょうか。
>特に顔の模様が分かるものと、あと可能なら下嘴が見えるものがあると有り難いです。

この写真で分かるでしょうか?
貴重な写真と知らずに削除したのか、少ししかないのです

場所は飛島の法木の舗装道路が終わるつきあたり 道路標識で ソの看板の所です
飛島に行ったことのある人なら分かりますね
手前は道路で開けていますが、野鳥がいる場所はブッシュです

データでみると14:21~14:57まで撮影しています
1羽だけでしたが、かなりゆっくりと姿を見せてくれたのです
ムシクイにしては、姿をよく見せていました
狭い範囲を地面にも降りたりして飛び回っていました
陽射しが強く、白飛びしやすい状況でした 

鳴き声は記憶にないですが、鳴かなかったと思います
居合わせて一緒にこの鳥を撮影した方(先に撮影していました)とお互いに自分の野鳥図鑑見ても分からずに、宿(バーダーが多い宿です)で何人かに液晶画面で見てもらっても誰も分かりませんでした
一緒に撮影した方は宿も違ったので、どなたか全く分かりません
若い男性でした


思い出すことがあればまた追加しますが、何しろ3年以上前で、貴重な野鳥とは分からなかったのですから、、、
同定よろしくお願いします
[PR]
by mimi-bird | 2010-09-28 08:46 | ヒメウタイムシクイ

一年前の在庫から キマユムシクイ

昨年秋に行った島で撮った写真を見ていましたら、だれか分からない子がいました
教えていただきました  ありがとうございます
H20年9月撮影
c0079001_1326925.jpg

すこしピンボケですが、全体がほぼ分かるでしょうか
c0079001_13262178.jpg

上からです 色の薄い頭央線が見えます
c0079001_13263090.jpg

もう一枚
この時にはメボムシクイと思っていたようです、、、

昨年10月のブログのメボソムシクイです
昨年このブログでUPした分ですが、上2枚は見直していっとき キマユムシクイではとハッとしましたが、やはりメボソムシクイでした
このキマユムシクイも見分けていなかったのでしょう
識別力のなさをまた味わいましたが、いまさら識別力を付けるのは難しいのです、、、
[PR]
by mimi-bird | 2009-09-29 14:57 | キマユムシクイ

秋の飛島 15 サメビタキ× エゾビタキとコサメビタキ

そろそろ、秋の飛島 特集 終わりにしましょう
朝食前に早朝探鳥 宿に戻れば、おいしい朝食が待っている 時間厳守がルールです
温かい朝食は、魅力的です 海草入りの味噌汁が付きます
頼んでおいたおにぎり弁当も朝食時に受け取ります
目の前にヤツガシラがいて、戻らなければならない時は悲しかったけれど、やはり宿に一度戻りたい
夜のうちに新しい鳥が入って来てないか見て回ります
H20年10月撮影
c0079001_17312655.jpg
c0079001_17314583.jpg
c0079001_1732778.jpg

この日も野鳥は少なかったけれど、サメビタキエゾビタキでしたとの出逢いは嬉しかった
狂い咲きした桜の木に止まったのですが、花とは離れていました
下のも翌日ですが、同じ場所ですから同じ個体でしょうか
c0079001_1734327.jpg

これはエゾビタキです
c0079001_17341989.jpg
c0079001_17343539.jpg

c0079001_1813484.jpg

最終の帰る日 天気はずっと晴天快晴 連絡船は定時に 1時半出航 
ムギマキに逢いたいと、粘りました 
ムギマキにはとうとう逢えませんでしたが、サメビタキ下3枚はコサメビタキでした がたっぷりと遊んでくれました
おかげで、落ち着いて、ゆっくり待っていることが出来ました
鼻戸崎の展望台に座って、鳥海山や海を眺めながら、宿のおにぎり弁当をいただきました

ムギマキはマユミの実のある場所に出るはず ここにも、ムギマキが出た校庭にもたしかにマユミの木がありました
c0079001_17421821.jpg

マユミノ実と言えば、キバラヘリカメムシがいるはず
いました!! 
飛島のマユミの木にもキバラヘリカメムシがいるんですね

一度で全部逢いたい鳥に逢えるはずもないし、思うように撮れるはずもない
またのお楽しみと思うことにしましょう
夢の続きはまた来春に見られるでしょうか
[PR]
by mimi-bird | 2008-10-09 19:37 | サメビタキ

秋の飛島 14 リストを

この秋の飛島で会った野鳥のリストをやっと出しましょう
 H20.9.29日~10.2日(行きの航路を含む)
c0079001_17271442.jpg

ツツドリの羽だそうです 教えていただいて、ありがとうございました
上の畑に散らばっているのをオジロビタキと遊んでいる時に気が付いて、3枚だけいただきました
自然の摂理とはいえ、犠牲になった、野鳥に合掌しながらいただきました

1オオミズナギドリ(航路2羽のみ) 2ウミウ 3マガモ 4ヒドリガモ 5ウミネコ(カモメ類は識別が出来ていない) 6アオサギ 7イソシギ(航路) 8タシギ 9トビ 10大型猛禽クマタカ? 11ハヤブサ 12カラスバト(声のみあちこちで) 13キジバト 14ドバト(野鳥?) 15トケン(ツツドリ?3羽赤色型も) 16アカハラ 17アカゲラ 18キセキレイ 19ハクセキレイ 20ホオジロハクセキレイ 21ヒヨドリ 22モズ 23ノビタキ 24ツグミ 25ハチジョウツグミ 26ウグイス 27メボソムシクイ 28オオルリ 29サメビタキ  30エゾビタキ 31オジロビタキ 32シジュウカラ 33メジロ(多かった) 34ホオジロ 35コホオアカ 36シベリアアオジ 37カワラヒワ 38スズメ 39ムクドリ 40ハシボソカラス 41ハシブトカラス 42コサメビタキ追加です
43キマユムシクイ追加 1年後に判明しました
やっと40種越えました
一人での探鳥は苦戦です

飛島の名物男 Oさんは双眼鏡だけで歩いて、春の鳥が多い季節なら 100種 記録するそうです
まだお会いしたことがないのですが、噂だけでも凄い 
いつかお会いできるでしょうか

宿の記録には 9月20日~25日(欠航により2日延泊)
ハチクマ、キアシシギ、アオバズク(3晩鳴いていたそうですが、聞こえず  アオバズクはもう抜けたのでしょう) アマツバメ、サンショウクイ、コルり、サバクヒタキ、マミチャジナイ、シマセンニュウ、キタヤナギムシクイ、ムジセッカ、カラフトムジセッカ、カラフトムシクイ、センダイムシクイ、コサメビタキ、シマアオジ、ニュウナイスズメ、コムクドリ、ツミ、キマユムシクイ、ウズラ、コシジロアジサシ、アカモズ、ムネアカタヒバリ、ズアオホオジロ♀or若♂(写真付き) 
などもありました
ベテランが2人で 6日間で 73種でした
これで、野鳥が少ないと嘆いていました 数は少なかったですね
[PR]
by mimi-bird | 2008-10-08 18:24 | ツツドリ

秋の飛島 13 メジロ

メジロは多かった 数としては一番たくさんいたかも
チーチー鳴きながら群れで飛んだり、潜ったりと忙しい
H20年9月撮影
c0079001_805258.jpg

上の畑で、ホオジロ類が潜っているブッシュのそばで、出てくるのを待ちながらメジロも撮っていた

以前の秋の飛島で色づいた柿とメジロを撮ったことを思い出した
今回は柿はまだ青かった 青い柿を見て、“早かった” と思っても、後の祭り
これから行くのがいい頃かも
[PR]
by mimi-bird | 2008-10-08 18:04 | メジロ

秋の飛島 12 モズ

モズには、2日目の夕方やっと見つけて、3日目には増えました
飛島でも、高鳴きしてました
H20年10月撮影
c0079001_749443.jpg

ヘリポートの電線です
[PR]
by mimi-bird | 2008-10-08 17:50 | モズ

秋の飛島 11 メボソムシクイ

ムシクイ類は、あちこちで何度も「ジェッ、ジェッ」という地鳴きがして、ブッシュで葉や影が動いているのを見た
でも、識別ができないので、写真で確認できたのは、メボソムシクイくらいでした
ウグイスは地鳴きだけでなく、暑いくらいの陽気にぐぜり鳴きをしていました 姿もちらっと見ました
ムシクイ類(ホオジロの仲間も)を発見するには、地鳴きで聞き分けないと困難でしょうか
H20年9月から10月撮影
c0079001_737425.jpg
c0079001_737372.jpg
c0079001_7381158.jpg

この手すりは鼻戸崎の先端です 
最後の日はムギマキに逢いたくって一人で粘りました
ここでの写真を見せてもらいましたが、見ることすらかないませんでした

前泊した方の野鳥記録には、シマセンニュウ、キタヤナギムシクイ、ムジセッカ、カラフトムシクイ、センダイムシクイなどもありました
識別力の差を目の前に突きつけられました

それでも、分かる鳥だけ分かって、写真が撮れれば、後で分かります
“楽しめればとりあえずは、それでいい” と思える不思議な魅力がある場所です
[PR]
by mimi-bird | 2008-10-08 17:42 | メボソムシクイ

秋の飛島 10 コホオアカ

野鳥が少ない島で今回 コホオアカだけはけっこういました
逃げるホオジロ系の中で、木に止まって、キョトンとしているのをカメラで見ると赤い頬と頭央線がある
コホオアカと分かった
今回やっとスムーズにコホオアカが識別できました
H20年9月から10月撮影
c0079001_1446342.jpg
c0079001_14462080.jpg
c0079001_1447388.jpg

ヘリポート、畑、校庭とあちこちにいました
同宿のとりやさんは、「コホオアカだけは撮り飽きた」と言ってましたが、私は満足できる写真ではないけれど、まあこんなものでしょう
[PR]
by mimi-bird | 2008-10-07 15:40 | コホウアカ