タグ:自然観察 ( 114 ) タグの人気記事

地元で花を見ながら散歩

曇り時々小雨の今日 双眼鏡でご近所を散歩です
見たのはシメ、チョウゲンボウ、桜にスズメ、ヒヨドリ その他いつものメンバーです
ツバメは今日は見ませんでした 毎年今頃は群れで遊水池の上を飛び回っている頃です
H23年4月撮影
c0079001_19183393.jpg

真っ赤な子がいたことがある場所です 
その時は桜はまだ固い蕾でした

ツマキチョウも昨年たくさんいた場所ですが、今年はここにはまだいません
他の場所で一頭だけは確認しましたから、どこかで生まれてはいるはずです
アゲハチョウも見ましたが、野鳥ばかりでなく虫も発生が遅いのでしょうか

花もコブシの花と白もくれんがほぼ同時に、タチツボスミレとコスミレ、ケマルバスミレが同時に咲いていました
咲く順序がいつもの年と少し違うようです
自然界に何か起きているのでしょうか、私には分かりませんが、いろいろと想像してしまいます
[PR]
by mimi-bird | 2011-04-09 19:35 | 景色

外泊で オオタカ

入院中もリハビリ、検査、診察がない土日は外泊で自宅に帰りました
負荷を掛けて、普段の生活ををして体調を観察するというミッションが主治医から出ていました
治療効果を見るためです
でも、やることは鳥見散歩が多かった(食事は作りましたが、、、)
機材はサポーターが運んでくれた時だけで、殆んどは鳥見しながらの散歩です
H23 年2月撮影
c0079001_21231675.jpg

やっとオオジュリンが観察できたので、オオジュリンを撮ろうと思ったら、遊水池のコガモが一斉に飛び立った
見ると、オオタカが遊水池の上を舞い、狩りをしていました
何度も遊水池の上を舞ったけれど狩りは成功せずに木に止まった
枝かぶりの場所ですが、証拠です
飛んで狩りをしている所は見ただけですが、カメラでは追いかけられないので、見とれていました
カラスに追われ、オナガの集団もそばを飛んだので、からかわられていたようで、まだ若い狩りの練習中の個体なのでしょう

オオジュリンは数も少なく、潜ってしまい、撮れませんでした、、、、
この冬はオオジュリンも少ない 寂しいなぁ~~
[PR]
by mimi-bird | 2011-03-01 21:30 | オオタカ

地元の オオバン

今日も地元での散歩だけでした
それでも、ツグミ、ジョウビタキオス、メス、シメ、カシラダカ、シジュウカラ、アオジなどの冬鳥を少ないながらも見て一安心
少なくても今年も来ていた 普通種も来なくてはネ
でも、毎年見ている、アカハラ、シロハラ、アカゲラ、オオジュリン、クイナなどは今期、地元ではまだ見ていないのです
ルリビタキ、ヒレンジャク、アトリ、マヒワ、ウソ、タゲリ、オオハクチョウ、など観察できた年があったとは信じられないくらいです

また在庫のオオバンです
H22年11月撮影
c0079001_17212848.jpg

バンのそばにいたオオバンです
オオバンは10月に来て6月くらいまでいる
冬鳥ですが、一年中いるような気がする
毎年オオバンだけは増えているようだ
カモたちが飛び去ってもオオバンは残っていることが多い
[PR]
by mimi-bird | 2010-12-11 17:55 | オオバン

お休み場所 オカヨシガモ

家から近い所で行きやすいので、、またオカヨシガモです
まだ近くに行くと飛び去るので、他の鳥を待ちながら、遠目で眺めて撮ってました
H22年11月撮影
c0079001_14205344.jpg

遊水池の中ほどに頭を胴体に入れてオネムです 現在30羽くらいいるようです
眠っているようですが、時々薄目を開けて、頭を上げることもあり、周りに気を配っています
近づけば一斉に飛ぶのです
c0079001_14215786.jpg

葦の根元の水辺に隠れ場所があるようです ここにはメスが多かった
c0079001_14144065.jpg

オスも葦の根元の水辺に隠れ場所があるようです

こちらは少し近い所でも隠れ場所に出入りしていました
身を隠せる場所だから安心なのでしょうか
そばにはカイツブリやバン、オオバンもいてコガモもよくいます
カワセミもよく飛んできますが、小さな鳥では遠い、、、
逢いに行きたい子はいるのに、動けない、、、
[PR]
by mimi-bird | 2010-11-29 19:51 | オカヨシガモ

お久しぶり セッカ

ノビタキを探している時に、ノビタキが潜んでいるブッシュにセッカの群れがいました
H22年10月撮影
c0079001_20213362.jpg
c0079001_20224916.jpg

草原の鳥 セッカには草が良く似合います

いつもの場所はとっくにいなくなっています 9月上旬の撮影したのが、最後です
ヒナが育って飛翔力が付くと、営巣した場所から離れて、家族で旅に出るようだ
一年じゅういるセッカですが、冬にはたまにしか見られません
ブッシュを渡りながら、飛んでいるようです
若鳥がいっぱいの、家族連れの群れに出逢ったようだ 
良く動いて、潜るので数えるのが難しいが、5,6羽はいたようです
ゆっくり見られて、撮らしてくれたのは、久しぶり  ありがとう~~

セッカの写真がたくさんです
[PR]
by mimi-bird | 2010-10-12 21:08 | セッカ

トラストにて トンボやチョウ

昨日は月2回のトラストの保全作業日
今は作業も出来ないのですが、ブログ担当で参加してます
お仲間のボランティアスッタフの車に同乗させてもらっています
昨日は珍しく秋の渡りの可愛い野鳥たちがたくさん観察できました
頭は茶色だけど下半身は青いオオルリ、黄色いキビタキ、メスタイプも 高いところにはエゾビタキ、コサメビタキ、シジュウカラが確認できました
そして飛翔姿でしたが、ツツドリと思われる姿を見る、アカゲラの声も
もしかしたら、今日もいるのでは、めったにないチャンスです
無理やり都合付けて、今日も行きました
でも、今日は長い時間待っても、高い所でエゾビタキ、コゲラ、シジュウカラを確認しただけ
カケスの声、コジュケイの声を聞いただけでした 
地面に降りてきたキセキレイもいました
私を待っていたのはたくさんの藪蚊でした、、、
オオルリ、キビタキは一日だけの滞在だったのでしょうか
H22年10月撮影
c0079001_1747650.jpg

アキアカネ
一応デジスコで撮りました
c0079001_17473654.jpg

ノシメトンボ
羽の先が半月状に黒いのはノシメトンボ と思い込んでいました
リスアカネやコノシメトンボもそうらしい、、、
まだ見分け方が分かりません、覚えられないと正直に言いましょう
c0079001_1748645.jpg

ツマグロヒョウモンメス 
もっと良い所に止まって欲しいが、6メートル離れないとピントが合わないので、、、
c0079001_17534254.jpg

クロノコマチョウ クロコマノチョウ
止まると葉っぱに見えて見失う 始めて見ました
証拠写真に、デジカメ単体で撮りました
モニタリング調査の対象になっているチョウですから
[PR]
by mimi-bird | 2010-10-03 18:11 | トンボ

虫 チョウ

お散歩デジカメ写真から
H22年7月撮影
c0079001_1740250.jpg

アブラゼミの声は7月20日ごろから聞こえていて、飛んでいる姿もちらっと見えましたが、最近になって個体数が増えて目線にも止まるようになって、立ったまま撮れたのでパチリ
クマゼミの声も7月22日からほぼ毎日聞いてますが、姿を見ていません
抜けがらを見つけたいのですが、いつ見つかるかしら
そういえば昨日ツクツクホーシの声を今季初に聞きました
c0079001_17402129.jpg

ツマグロヒョウモンのオスですね
オレンジ色のチョウはこの頃多いようです
c0079001_1811930.jpg

ゴマダラカミキリ
c0079001_17561885.jpg

クワカミキリ 元気に飛んでいました
お散歩デジカメでは野鳥はいても、撮れません、、、少ないし、、、
夏は虫たちの季節です

しばらく、ブログお休みします
コメント欄を閉じます
また元気になって復活する日まで、一休みです
[PR]
by mimi-bird | 2010-08-02 20:32 |

モニタリング調査

今日もまた猛暑でした まだ1週間は猛暑が続くと天気予報で言ってます
カンベンしてよ

埼玉県でモニタリング調査に参加する団体や、学校など募集し、トラスト7でも参加している
 
加えて、夏休みにあわせて小学生や県民参加して県民一万人参加の一斉調査」もあります 夏休み限定です
調査用紙などいただいて、せっかく自然観察をしているのだから、記入してみようとしている
改めて記入用紙や説明を見直した

県民一万人参加の一斉調査の記入用紙を改めてみる 簡単な項目だと思う
でも、好きな対象を眺めてだけいるのとは勝手が違う
対象種が指定されていて、一つだけ好きなもの自由記入できるようになっている
データとして有効活用するには、基準に合わせた視点を持つ必要があるようです
それでも、このデータが自然保護に役に立つなら、無理しない範囲で参加してみましょう

カブトムシは見つけたが、写真は撮りませんでした
ニイニイゼミは抜けがらをまだ見つけていません
写真を昨日撮りました 7月11日位からいるようです
c0079001_20563427.jpg

ツマグロヒョウモン(チョウ)はオスメスともよく見かけます
コヒルガオは、ヒルガオばかり見ますが良く分からない
カワセミは今朝も見ましたが、すぐに飛び去りました
ツバメの巣は今年は見ていません 住宅街には出入りしているので、巣はあるのでしょう
ツバメは少なくなりましたが、まだ飛んでいます
トウキョウダルマガエルはいっぱいいます 
ウシガエルは姿はあまり見ませんが毎日声を聞いてます
アライグマは情報も見たこともありません
タヌキは過去には地元でも見たことはあり噂も聞きましたが、最近は全く情報もありません
自由記入欄には、今気になっているオオヤマトンボを書きました
小学生はどんな生き物を自由記入するのかしら?

書いてみると頼りない観察者だなと我ながら呆れます
それが分かって自然の観察の目が養われるといいのですが、、、

もう少し期間も長く、項目も多い、モニタリング調査は記入項目に観察した日時があってメモから記入しようとしたら、時間は不明でした 
不覚でした
虫には見つけやすい活動時間があったのですね
自然観察の視点が抜けていたことに気が付きました
野鳥は同じフィールドを長年観察記録を付けている方がいるので、私は主に虫などを観察記録していこうと思っています
[PR]
by mimi-bird | 2010-07-23 21:19 |

マイクロバスで

今日も、猛暑でした
でも、サポートしていただいて、久しぶりにデジスコしてきました
ありがとうございました
写真はまた、時期を見て出しますが、まだ先になりそうです

今日の報告は、先日行ったトラスト7のお仲間とのバスツアーや、保全作業です

ここで、月2回ほど活動しています
ブログは、私が中心になって作り、お仲間の写真も使い、リーダーの監修を得て、UPしています

自宅前からマイクロバスに乗り、
1泊2日でバスツアーで久しぶりに自然の懐に抱かれてきました
新鮮な空気、広がる空間、小雨に緑が映える景色
高原の植物、チョウやトンボ、野鳥の声、飛ぶ姿、
何もかもが生き生きとしていました

自然の中にいると癒されます
サポートしていただいて、ありがとうございました

今は自力だけでは行けない所ですが、きっとまた自由に行きたい所に行ける日が来ますように
[PR]
by mimi-bird | 2010-07-21 21:17 | 未分類

子育ての記録 17 カイツブリ

消えたと思ったカイツブリ5羽のヒナ 
3羽いたというので、今日さっそく雛を確認しようと行ってみました
ところがヒナが見つからないのです
浮き巣はもう壊れかかっていて、使われている様子はありません
成鳥は2羽いて、潜ったり、エビを捕まえて食べたり、鳴き交わしたりしています
餌をねだりに来るヒナがいないのです 
生後25日、まだ自力では充分な餌は捕れないでしょう、どうして、、、
30分も待ちましたが、出てくる気配がないのです

その後Nさんから、今日はヒナ5羽を見たとメールがありました
私の前には姿を現さないヒナたち グスン
もう親鳥から離れているのでしょうか
また、行ける日に確認行ってみますが、行動範囲が広くなり、探すのはますます難しくなりそうです、、、


今年観察続を続けたカイツブリファミリーを、デジスコで記録できた最終日です
最初にヒナ2羽を確認した日から、11日目でした
H22年6月撮影
c0079001_2155845.jpg

お母ちゃんが突然立ち上がり、羽を大きく広げました
「さあ、子供たち、遠足に出発ですよ」
c0079001_215775.jpg

お母ちゃんの後に水に降りた雛たち
c0079001_2201789.jpg

オンブしているのは1羽だけ 雛は自力で泳ぎます
c0079001_2221643.jpg

2羽オンブしてますね カメラが追いかけられずにフレームアウト
c0079001_2223598.jpg

ヒナ5羽水面に浮かんで親鳥が出てくるのはどこかとキョロキョロしてます

今年のヒナ5羽のファミリーは浮き巣にいることが多く水面になかなか降りませんでした
やっと泳ぎだしました 遠足の始まりです
昨年は朝は浮き巣にいて、日中少しづつ距離を伸ばして上流や下流に行ってました
遠足しながら、餌採りの訓練をしていました
夕方にはまた、浮き巣に戻っているようでした
動画を一枚


この後は見えていましたが、遠いところで、餌をやりながら餌採り訓練をしているようでした
機材担いで追いかけるのは今の私は自粛です

今年は、もうこのファミリーはデジスコでは撮れないと諦めました
息の合った親鳥夫婦の子育て 
子だくさんだとパパはイクメンパパになり、かいがいしくヒナの世話をする様子は、見ていて楽しいものでした
感動をありがとう
[PR]
by mimi-bird | 2010-07-08 19:52 | カイツブリ