タグ:思うこと ( 62 ) タグの人気記事

転居先

まだまだ引っ越し騒ぎの真っ最中です
断捨離ですが、大変です 
燃えるごみの日、燃えないゴミの日、リサイクルゴミの日 リサイクル無料回収、
価値ある本はブックオフで引き取り、価値のない本も一緒に出せば処理してくれる
市の有料回収で出せるもの、最後に回収業者、引越し屋さんはさらに回収業者に頼むので高く付きますよと、、、
重い家具は回収場所まで運べないので、有料で回収業者に頼むしかない
次々と用事が入り、思わぬトラブルが起きる 
住みやすくするには一つ一つ解決しないといけないことが次々と起こる

そんな中で転居先に行きました
転居の準備が必要です

私の部屋の窓から見える散歩道を歩きました
c0079001_17323935.jpg
c0079001_17325213.jpg
c0079001_1733642.jpg

花と緑の散歩道 4月には桜が咲く道です
散歩する人が大勢、いすぎますが、、、
小学生や保育園児も散歩する道です

More 愚痴話しですが
[PR]
by mimi-bird | 2011-06-24 16:46 | 未分類

再生なるか

今日で雨が3日降り続いています
台風の被害が被災地をこれ以痛みつけることのないように、お祈りします

地元で、現在進行中の工事 鉄板の道の所です
c0079001_8591250.jpg
c0079001_8593734.jpg

c0079001_8595954.jpg

水辺再生プラン100の事業の一端らしい
今は一時的に川の中のアシが刈られて、野鳥も少なくなっていますが、
自然の回復力、再生力を信じて待ちましょう

c0079001_902079.jpg

栴檀の木に花が咲いていました
[PR]
by mimi-bird | 2011-05-30 09:00 | 未分類

鳥たちの日々

和田剛一さんの本が新たに出版されたのを知りました
早速取り寄せました
http://atelier-funfan.com/一般書店では扱っていないので、直接申し込みました
こんなところに和田さんの近況が出ていました ここの管理人日記です
c0079001_1661656.jpg

和田剛一さんのホームページが消えて、寂しかったのです
近くの図書館で何気なく借りた「野鳥生活記」に私は
野鳥とのお付き合いの基本をインプリンティングされているのを後になって気が付きました
今は座右の書としてそばにあります

野鳥を仲間として愛し尊敬するゴイチさんの姿勢を感じました
そして、私も野鳥を好きでいられる幸せを再確認しました
野鳥に逢いたいから、痛くても歩ける、出来そうにもないことをやれてしまうのです
好きなことがあるシアワセは何事にも代えられません
[PR]
by mimi-bird | 2011-05-15 16:35 | 読書

野鳥は予知能力があるのかしら?

計画停電におびえ、いつ止まってしまうか分からないから、行動がより小さくなってます
それでも、懲りずに近くを野鳥を探しながら散歩してるのですが、野鳥が少なすぎます
真っ赤なベニマシコ2羽にこの冬、3度は逢っていますが、、、
今日は少なくても、たいてい逢える ジョウビタキ、アカハラ、ウグイス、カシラダカ、アオジ、ホオジロ、メジロもいない
シジュウカラも2羽だけ、こんなに少ない冬は初めてです

もしかして地震を予知して少ないのかな、など思ってしまいます
淡路島出身の人が「地震の前はネズミが消えた」と言っていたのです

まだ余震があり、気持はどうしても被災地に引き戻される
食事をしても「被災地の方に申し訳ない」暖房を入れても「被災地では、、」
生協の宅配が欠品でも「被災地のことを考えたら、まし」

元気を出して笑顔でと思っても、話も出来る相手が身近にいない
お友達とのランチもキャンセルです
せめて、可愛い野鳥に逢えれば、元気が出るのですが
写真も撮れないし、、、
[PR]
by mimi-bird | 2011-03-18 22:16 | 未分類

思うこと 東日本大震災によせて

東日本大震災
日に日に被害の全体像がはっきりして、目に余る惨状が見えてきました
これが本当に現実に起こったことなのでしょうか
1000年に一度起こるか起らないか、史上初めての大きな地震と津波

被災した方々には心からお見舞い申し上げます

お見舞いの言葉も我ながら、むなしく聞こえます
少額の義捐金を郵便局から送りましたが、もっと私に出来る何かあるのでしょうか

大地震、大津波、原子力発電所の爆発事故、放射能漏れ、計画停電、電車の運行停止、また原子炉の放射能漏れ 避難場所の多さと被災者の多さ 物資の不足
どこまで被害が拡がるのでしょうか? 今も余震がまだ時々あります
この困難を今の私たち、日本はどう乗り切るのでしょうか?

計画停電のグループ分け、自分の地域がどのグループに入っているかも分からず、いつ停電になるか分からない
予定が組めない 今日もリハビリの予約があったのに、計画停電による運行調整のためにキャンセルせざるを得ませんでした
被災され、避難所にいる方々には贅沢な悩みに聞こえるでしょう
凡人はこんなことで、困るのです

お店に品物がないという 省エネで薄暗い店内に品物がないと、、、
電池、懐中電灯、パン、お米、トイレットペーパー、ティシュペーパーなどなどないという
買いだめでしょうか 単に物流輸送の事情でしょうか  
被災地優先なので、こちらには不足なら良いのですが
我が家は生協宅配を利用しているので、品物が店頭になくても届くだろうとのん気にしていられるのかもしれませんが、、、

被災地のことを考えるとぬくぬくと家にいるだけでも有り難いことだと思えるのです
なくなって初めて気が付く平凡な生活の有り難さです

それにしても、やはり原子力発電は危険極まりないものですね
1000年に1度でもその時はやってくるのです
世界で原子力発電見直しの気運が高まるでしょう
[PR]
by mimi-bird | 2011-03-15 22:06 | 未分類

今年も 野鳥標識調査

昨日双眼鏡だけで散歩をしていたら、見覚えのある赤い旗があり、今年も野鳥標識調査をやっていると分かった
毎年正月明けにしている 
今年は工事で葦原が少ないしやるかどうかと思っていました
カスミ網は小規模で2箇所ほど見掛けた

今年はバンダーさん、バンダーさんのお父さま(小学校のネイチャーティーチャーです)、息子さん、鳥類保護連盟の方、小学校の校長先生などがいるようでした
まじめなバンダーさんで自然保護関係の仕事に付いているという物静かですが、優秀な方です
見学に来た小学生や先生もいたようです

野鳥が少ない今年、朝の内ではシジュウカラやアオジが少しだけ掛かっているという
オオジュリンも今期は見ていないのです いなければ掛からない、、、
「去年はオオジュリンばかりだったのに」と校長先生もビックリしていました
この冬の野鳥の様子などもお話しする
その間も網にかかった野鳥はいないか見回りをしていました
私がいる間には掛かった野鳥はいない様子でした

「アカハラがいて、声がする」「キョロンキョロンですか ここにいるんですか」と聞かれて、アカハラの声を知っている校長先生なんだと驚く
「それは夏の声で今は違うのです あれはツグミ、この声がアカハラです」と現場ならではの会話です
「あの柳は、なんという柳ですか」「タチヤナギだと思います ベニマシコやヒレンジャクが来たことがありますよ」
「レンジャクですか、何を食べるのですか」などなど、、
ベニマシコ、イカルチドリ、ヒレンジャク、ヨシガモ、ミヤマガラス、などのこともメモを取りながら熱心に聞いていました
ツマキチョウ、ウラナミシジミなども知っていて、自然に関心のある校長先生です
地元の野鳥調査を継続的に観察記録しているNさんのデータがあることも聞き、欲しがっていました

5,6年生の250人からの生徒たちに出すクイズを考えているという
自然観察のクイズネタを探す機会にしようと、日曜日に野鳥標識調査に参加したようです
現場で探すクイズネタ、いいものが出来上がったでしょうか
自然環境があり、熱心な校長先生がいる小学校、恵まれていますね

声を掛けてはいただいたけれど、小学校の自然観察会は元気な子供たちと歩くのは無理をしてしまいそうで、パスします
「写真なら提供します」とは言ったけれど、必要かどうか、、、、
自分の目で直接見て、感じ、考える、感動することが自然観察の基本ですからね
[PR]
by mimi-bird | 2011-01-10 17:31 | 未分類

一人舞台 アカエリヒレアシシギ

今日は雨 明日も雨予報(泣)
でも、在庫があります
H22年10月撮影
c0079001_22104846.jpg

A瀬でただ一人誰にでも姿を見せてくれた一羽の冬羽のアカエリヒレアシシギ
連れ合いも「一人舞台だ」と言います 人気を集めていました お陰でスカは免れました
影にいて時々池の中を泳ぎまわります
c0079001_22112280.jpg

目が出ない鳥ですが上向き加減なら、目が出ました
c0079001_22121064.jpg

構図は悪いけど、羽ばたきが撮れてました 
この子は羽を傷めているらしい それで飛べないのかも
羽の広げ方が、偏っていますね 怪我でしょうか
c0079001_22215348.jpg

羽の一枚一枚が分かるような
c0079001_222273.jpg

後ろを向いて何を思うのでしょうか

海に群れでいる野鳥がはぐれて、1羽だけここに長居しているようです

数年前一度だけ地元にも、夏羽の子が1羽だけで台風で迷い込んできたことがありました
まだカメラ持ってない頃で、友達に教えて写真を撮ってもらいました
フェンス越しでしたが、水たまりでくるくる回っていました
近づいても逃げない子で、初心者だった私は野鳥はそういうものかと思ったのです、、、
あの子は1日で姿を消しました

かなり前に地元にいた子です
c0079001_2143113.jpg

H15年8月かな 私の連絡で友人が撮った写真です H22年10月16日追加

あの子もお仲間に戻れたのでしょうか
この子も羽が回復して、飛べるようになって、お仲間の所に戻れるるのでしょうか
無事に戻って欲しい、自分が見た後で言うのもなんですが、、、、
[PR]
by mimi-bird | 2010-10-09 22:43 | アカエリヒレアシシギ

謎の鳥 ヒメウタイムシクイらしいと

さて、キタヤナギムシクイではない 謎の鳥
論議が私が分からないところで繰り広げられているようです
ありがとうございます

2007年4月30日撮影
c0079001_2212648.jpg

この写真が見た感じに一番近い色でしょうか 白っぽく感じました
りサイズはしていますがほぼ原版です
鳥の大きさは オオルリくらいかと思ったのですが、もっと小さかったのかも、
3年以上前ですから、未熟な観察者の目では、当てになりません
葉っぱの大きさから推し量る方が正確でしょうか

ここで、Uさんの見解を引用させていただきます
ブログUP了解いただいて、ありがとうございます

>①過眼線が薄いこと、頭頂が平べったく丸みを欠くことからメボソムシクイ属Phylloscopus(キタヤナギムシクイ・チフチャフ等)は否定される。

>②尾羽の形状が丸みを帯びないこと、下尾筒が短く見えることからヨシキリ属Acrocephalus(イナダヨシキリ・シベリアヨシキリ等)は否定される。

>③以上よりウタイムシクイ属Hippolaisの1種と考えられる。

>④全体的な色合い、頭部の大きさ、嘴の長さ、眉斑の形状、初列風切の突出量、尾の長さ等から、ヒメウタイムシクイH. caligataまたはアラビアウタイムシクイH. ramaのいずれかと考えられる。

>⑤体色や嘴、翼、尾の特徴はアラビアウタイムシクイ的であるが、眉斑の形状はヒメウタイムシクイに近い。ただしいずれの特徴も両種にバリエーションがありオーバーラップするため、決定打とならない。

>最終的には、「アラビアウタイムシクイを示唆する特徴をいくつか持っているが、眉斑の特徴はヒメウタイムシクイ的であり、どちらかを断定することはできない。」という結論になるかもしれません。

>もともと識別の難しいグループで、捕まえて手にとっても分からないことがあるそうです。

丁寧な解説ありがとうございます
ここまでくると、ど素人の私には難しすぎます、、、
謎の鳥の写真は撮りましたが、その珍鳥度も分からないくらいですから、“猫に小判”と言うところでしょうか
ヒメウタイムシクイにしても日本で4例目ということらしい
でも、出逢える可能性はあるという証明になったのでしょう
もしかしたら、日本では初めてのアラビアウタイムシクイかも、、、
同種ではないかと論議されるほど似ている二つを
そこまで、丁寧に識別したいのが、私には分からない世界かもしれない
[PR]
by mimi-bird | 2010-10-05 22:21 | ヒメウタイムシクイ

謎の鳥 キタヤナギムシクイ違い

今日も朝から雨です
キタヤナギムシクイではないなら、誰なんでしょう? と気になります
(自分ではキタヤナギムシクイもチャフチャフも皆目分かりませんが、、、)
それでも、誰か特定したいのはどうしてなんでしょうね

少ない画像から頭部や過眼線が写っているボケ写真を見つけてきました
2007年4月30日撮影
c0079001_11344640.jpg
c0079001_1135182.jpg
c0079001_11351510.jpg

Uさんや、お知り合いの方は都合7枚の写真で特定していただけるのでしょうか?
日本での記録が数例しかないか、初めてというムシクイのようです
[PR]
by mimi-bird | 2010-09-30 11:39 | ヒメウタイムシクイ

キタヤナギムシクイではないそうです

3年以上前のキタヤナギムシクイでブログに出している写真についてUさんからメールいただきました
別の写真も見たい、同定のお手伝いをしたいと申し出て下さいました
いきなり見知らぬUさんに写真を直接メールするより、ブログで公開して見ていただくことを申し出ました
快く了解して下さったので、ここに キタヤナギムシクイではないらしい野鳥の別の角度の写真をUPします
実は以前も出して、今は非公開にしている写真です
野鳥がはっきりと分かりやすいように、トリミングしています 
足がはっきり写っている写真もUPしましょう(足は黒くないのでチフチャフではないということです)
2007年4月30日午後2時頃撮影
c0079001_1930239.jpg
c0079001_19303298.jpg


>個体の他の画像があれば、お見せいただけませんでしょうか。
>特に顔の模様が分かるものと、あと可能なら下嘴が見えるものがあると有り難いです。

この写真で分かるでしょうか?
貴重な写真と知らずに削除したのか、少ししかないのです

場所は飛島の法木の舗装道路が終わるつきあたり 道路標識で ソの看板の所です
飛島に行ったことのある人なら分かりますね
手前は道路で開けていますが、野鳥がいる場所はブッシュです

データでみると14:21~14:57まで撮影しています
1羽だけでしたが、かなりゆっくりと姿を見せてくれたのです
ムシクイにしては、姿をよく見せていました
狭い範囲を地面にも降りたりして飛び回っていました
陽射しが強く、白飛びしやすい状況でした 

鳴き声は記憶にないですが、鳴かなかったと思います
居合わせて一緒にこの鳥を撮影した方(先に撮影していました)とお互いに自分の野鳥図鑑見ても分からずに、宿(バーダーが多い宿です)で何人かに液晶画面で見てもらっても誰も分かりませんでした
一緒に撮影した方は宿も違ったので、どなたか全く分かりません
若い男性でした


思い出すことがあればまた追加しますが、何しろ3年以上前で、貴重な野鳥とは分からなかったのですから、、、
同定よろしくお願いします
[PR]
by mimi-bird | 2010-09-28 08:46 | ヒメウタイムシクイ