タグ:リスト ( 35 ) タグの人気記事

花とチョウ

コノハズクを待ちながら、花とチョウで遊んでいました
H21年6月撮影
c0079001_221913.jpg

ここでは多かったジャコウアゲハ この白い花(ウツギの仲間)も多かった
ジャコウアゲハは気が強いのか、仲間や他のチョウに体当たりして、追い払っていました
アサギマダラ、テングチョウ(石の上ばかりでした)、ミドリシジミ、スジグロシロチョウ、ミスジチョウ、などもいました
c0079001_221932100.jpg

ルリタテハは一頭だけでしたが、飛んではほとんど同じ場所に止まってました ↑ ↓
c0079001_2220178.jpg

この一角は明るかったのですが、暗い場所が多く、良い写真はありません
昨年見たスミナガシは見かけず、アカガエルも見つけられず カジカガエルの鳴き声は聞こえました
オヒキコウモリの声も私には聞こえませんでしたが、鳴いていたそうです

モリアオガエルの卵塊は水溜まりから水がなくなっていて、乾いた地面に落ちていました
中の卵はまだオタマジャクシにはなっておらず、クリーム色の粒々でした
スポンジというよりはマシュマロのような卵塊、卵の集まった、かたまりの泡でした

暗くなる頃にはコノハズクの声が聞こえるはず、と長い時間待っていました
5時50分ころと、6時15分ころと、7時過ぎにはるかに遠く聞こえました
一向に近づかず、とにかく今年も来ていることだけは確認できました
もう、一生逢えることはないのかもしれません 昨年が一番良い出逢いだったようです

今回はブヨ対策して行きましたが、ついでに(ここにはいないのに)ヤマビル対策までしましたが、必要がありませんでした。。。

この場所での野鳥
クマタカ、オオタカ、アオバト、ヒヨドリ、キビタキ、センダイムシクイ、ホトトギス、カッコウ、ヨタカ、トラツグミ、ウグイス エナガ アカハラ などでしたか 鳴き声だけの野鳥の方が多かったのです
昨年より数も種類も少なく、撮らせてくれる野鳥はいませんでした(トライはしましたが、、、)

ここでの野生生物
シカ、キツネ、リスを見かけました
[PR]
by mimi-bird | 2009-06-29 22:57 | チョウ

証拠写真ですが リストも キビタキ

キビタキのさえずる声はあちこちで森のなかで響いていました
いろいろな鳴き声なので、そのたびに「だぁれ? あぁ、あれも、キビタキか、」と、、、
でも、姿をなかなか見せません 撮れたのは証拠写真どまりです
H21年5月撮影
c0079001_9445953.jpg


野鳥リストを出しておきましょう
またいつか、ここに来るかもしれない自分のための記録です

キビタキ コルリ コサメビタキ→いっぱい 営巣も2か所、
ウグイス→どこにでもいていっぱい囀っていましたが、姿はちらっと見ただけです
ニュウナイスズメ→何カ所かでいた 巣穴から顔を出した♂と巣穴に飛び込んだ♀
シジュウカラ→いっぱい ゴジュウカラ→いっぱい 営巣中らしく穴に出入り 
ヒガラ→少々 コガラ→何カ所かでいた さえずりが可愛い コゲラ カワラヒワ
アカハラ→いっぱいあちこち、木の上にも地面にも 水芭蕉のところにも 早朝暗いうちから良い声で囀っていた
アカゲラ→いっぱいあちこちで鳴きドラミング追いかけっこ アオゲラ→声のみ ノジコ→さえずりはあちこちで、姿はチラリ アオジ 
サンショウクイ→姿を2回見ましたが、声なし
ツツドリ、カッコウ、ホトトギス→けっこういたが近くても声のみ
カイツブリ、カルガモともに、みどりが池にいました 
ミソサザイ サメビタキ エナガ クロツグミ(声のみ) メジロ ハシブトカラス ノスリ ヒヨドリ

情報 
オオアカゲラ コムクドリ キクイタダキ(声 そばにいましたが、私には聞こえなかった) マミジロ キバシリ
アカショウビン→カメラマンがいっぱいポイントに集中、写真も見せてもらうが、声も聞かず 
土日は何度か出たそうですが、月曜は私がいた4時頃までは一度も出なかった
[PR]
by mimi-bird | 2009-05-29 19:49 | キビタキ

夏鳥を探して 5 ビンズイ他リストも

まだ、冬鳥もいました
H21年4月撮影
c0079001_18452846.jpg
c0079001_18454930.jpg

ビンズイです ↑  
アトリも冬鳥ですが、いました
まだ地元にはいる、ツグミやシメは見つかりませんでした

他の鳥とリストはこちらです
[PR]
by mimi-bird | 2009-04-28 19:50 | ビンズイ

今日の地元で 写真はなし

今日はトラスト活動に参加してきました
その前後に地元の野鳥も観察記録しています
今日は、ツバメが2羽遊水池でうれしそうに飛び回っていました
今期初見の夏鳥です 
何だか、元気をもらえたような気分です
カイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、マガモ、カルガモ、オカヨシガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キジ(S)バン、オオバン、クサシギ、イソシギ、キジバト、カワセミ、ヒバリ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、ホオジロ、ホオアカ、カシラダカ、オオジュリン、カワラヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ドバト と36種でした
トラスト地ではノスリとハヤブサ、チョウゲンボウらしい猛禽類が高い所で旋回していました
[PR]
by mimi-bird | 2009-03-21 21:59 | 未分類

地元の小学校の自然観察会

昨日は地元の小学校の自然観察会でした
前日の冷たい雨は上がり、晴れました 風が少し強かったのですが、まずまずのお天気でした

PTA主催で年に一度開催されます 例年2月でしたが、寒くて屋外での観察に向かないと3月に変更 
参加申込は保護者と児童で145人とか
ネイチャーティーチャーのEさんが声をかけたサブティーチャーが8人ほど
5つの班に分かれての行動です
私は鳥班ということで、希望者30人ほどと歩きました
小学校を出発して、まずオオバンのいるところです
c0079001_14353153.jpg

野鳥だけでなく、自然観察ですから、植物 ミゾコージュや菱の実 タコノアシ ホトケノザ、タネツケバナ カマキリの巣 なども観察しました
地元の毎年参加している生徒さんは私より詳しかったりします 教えてもらうことも多いのです

そして、養蜂家の養蜂場で見学しお話を聞きました
みな熱心に見たり聞いたり、味わっていました
味見が楽しみなのですが、今年はスズメバチに襲われて壊滅状態だとか
今年の味見は購入した蜂蜜でした 今までは巣から取り出した蜜蠟も切っていただいたこともあります
来年は頑張るとのお約束がありました 大変な時なのに、ありがとうございます 楽しみです

そこからは、鳥班は本隊と別れて、別コースの別行動です
風が強いし、30人と大勢なので、鳥は出てきそうにもないのですが、斜面林で風が少ない場所に向かいました
そこでは、ノスリが飛びました ラッキー 助かった
カラスに付きまとわれていたために飛んでいるノスリを全員が目で見ることが出来ました
スコープでは鳥が逃げない間、スコープを動かしてしまわない間だけ、数人しか見られません

風が強い広い田んぼは足早に通り抜けただけです
でも、いつも野鳥たちがいる場所はお伝えました 地元の自然に関心のある方たちですから 
30人もではなかなか野鳥が出てきませんから、散歩がてらの時にでもご自分の目で見つけてくださいね

終点の小学校脇の遊水池で観察時間を取りました
キンクロハジロ、カイツブリなどと、カラスの巣をスコープで観察しました
キンクロハジロはオスが二羽 メスが一羽 泳いでいましたが、ゆっくり観察できました
オスの頭の紫色をスコープで観察できて、「きれい!!」との声があがります
カラスの巣は逃げないので、全員が見られました 
背が小さくて抱っこして見せてもらう生徒さんにも見てもらえてほっとしました
下見の時もカラスの親鳥の交替を見ていたので、抱卵中の営巣中です 
翌日にもハシボソカラスがちゃんといました
営巣中のカラスは気が強く危険ですから、近づかないでくださいね
営巣を邪魔すると、神経質になっている時期ですから、抱卵放棄、育児放棄をしてしまいます
c0079001_1448873.jpg


この日の観察された野鳥のリストです (クリックすると画像が出てきます どんな鳥か分からない時は見てね)
カワウ カイツブリ アオサギ マガモ カルガモ コガモ オナガガモ キンクロハジロ チョウゲンボウ ノスリ
 オオバン イソシギ キジバト ヒバリ ハクセキレイ タヒバリ ヒヨドリ モズ ツグミ シジュウカラ ホオジロ オオジュリン カワラヒワ シメ スズメ ムクドリ ハシブトガラス ハシボソガラス 以上28種

大勢で歩く観察会は楽しいけれど、見られる鳥が限られます
大勢の参加者の話を聞きながら、スコープを持って、鳥を見つけながら、伝えながら歩くのは私には難しいようです
でも、私に出来る範囲でお手伝いしていこうと思っています
自然の素晴らしさ、大切さを次世代にも体験してほしいのですから、微力でもお手伝いできればうれしいのです

見てもらいたかったけれど、残念ながら見られなかた鳥も並べておきましょう
オカヨシガモ オオタカ キジ タゲリ タシギ クイナ カワセミ ルリビタキ ジョウビタキ アオジ カシラダカ ベニマシコ 
これらはみんな地元で観察できる鳥です どんな鳥かなと思ったらクリックして見てね
普通に会える鳥と、観察記録が少ない鳥がいますが、地元の方にはぜひ見てほしいと思っています
では、またの機会に
[PR]
by mimi-bird | 2009-03-08 19:19 | 未分類

ついでに ルリビタキ

トラスト8号地に近いK公園にも寄ってくれました
赤い子 青い子 などを見たいということもありました
H21年2月撮影
c0079001_20373284.jpg
c0079001_20374969.jpg

いました、いました いつもの青い子 一緒に行ったお友達も堪能でした
でも、出演時間は短かったし、落ち着いて撮れなかったので、証拠写真です

ここでのリスト
マガモ コガモ アオサギ バン オオバン キジバト カワセミ アカハラ シロハラ コゲラ アカゲラ アオゲラ ハクセキレイ ヒヨドリ モズ ルリビタキ ジョウビタキ ツグミ ウグイス シジュウカラ ヤマガラ メジロ カシラダカ アオジ カワラヒワ シメ カケス オナガ ハシブトガラス 29種でした
残念ながら短時間でしたし、ベニマシコ アリスイ クロジには逢えませんでした
帰りにセンターに寄って、子供向けイベントの資料をいただいたり(自分たちイベントする時の参考にするようです)野鳥観察記録を付けたりしました
ありがとうございました
[PR]
by mimi-bird | 2009-02-08 22:13 | ルリビタキ

初見初撮り シジュウカラガン

今日は、お友達に声を掛けてもらって、4人での鳥見でした
ありがとうございました
初見の鳥が2つ シジュウカラガンとコクマルガラスでした
コクマルガラスは、たくさんのミヤマガラスに混じっていました 
鳴き声が違うし、飛ぶ姿が小さいので、混じっているのは分かるのですが、見分けにくかった 撮れません
白黒の淡色タイプは飛んでいるのを1羽見ただけでした
H20年12月撮影
c0079001_1913012.jpg
c0079001_19131329.jpg
c0079001_19132879.jpg

シジュウカラガンはマガンと一緒にいました
1羽づつ、2羽だけ ペアのようにずっとそばにいました

リスト
カイツブリ ミミカイツブリ カワウ アオサギ ダイサギ コサギ カルガモ コガモ ヒドリガモ ハシビロガモ ホシハジロ ミコアイサ トビ ノスリ チュウヒ チョウゲンボウ オオバン セグロカモメ? キジバト カワセミ アカゲラ コゲラ ヒバリ ハクセキレイ セグロセキレイ ヒヨドリ モズ ジョウビタキ(S) ツグミ シジュウカラ ホオジロ カシラダカ カワラヒワ ベニマシコ(S) シメ スズメ ムクドリ オナガ ハシブトガラス ハシブトガラス ミヤマガラス コクマルガラス アトリ 43種 

鳥好きの4人の眼はよく見つけます こんなにたくさん見たんですね 
鳥好きのお友達と一緒に探すのは楽しいです スコープで見た野鳥は感動的にきれいです
風が冷たくなって、小雨が降ってきて、本降りになりそうになってやっと “今日はこれまでかしら” と諦めた4人組でした
[PR]
by mimi-bird | 2008-12-22 19:29 | シジュウカラガン

レリーズなしでは ハギマシコ

今回のツアーはYバードの「冬の野辺山高原と軽井沢~コミミズクとフクロウを求めて」でした
年に一度は逢いたいN講師とI講師のペアのツアーでした ご一緒した皆さま ありがとうございました

鳥の出はそこそこでしたが、お天気に恵まれて、景色もよく、追加日程のために少なめの23人参加でした
苦手な大勢での鳥見ですが、独特の雰囲気が結構好きです Yバードのお客さんはマナーがいいようです 講師の教えのおかげでしょうか
鳥バカ集団の中で、鳥バカを丸出しにして、浸っていられる居心地の良さは何とも言えません

ところがレリーズがいきなり切れてしまったのです
いえいえ、ツアーの中にお二人同じレリーズをお使いの方がいたので、ダメモトで聞いてみました
「予備はお持ちではないでしょうか? 譲ってはいただけませんか?」
「え、やっぱり予備が必要なの!! メモリやバッテリーは予備があるけれど、レリーズは補強するようにとYさんには言われたけれど」というまだデジスコ初めたばかりの女性でした
「予備は持っていますが、今のがもう切れそうなので」という男性でした

野鳥写真は手押しでしか撮れません 話のネタに写真を出してもこんなのしかなくって、、、
H20年12月撮影
c0079001_21291568.jpg

雪景色のハギマシコの群れです 電線にも良く止まり、群れで飛び回っていました

出逢った野鳥リスト 高原 調整池 野鳥の森など 2日間です
カイツブリ カンムリカイツブリ カワウ ダイサギ アオサギ マガモ コガモ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ ホシハジロ キンクロハジロ スズガモ ミコアイサ カワアイサ(たくさん) トビ オオタカ ノスリ ハイタカ チョウゲンボウ コチョウゲンボウ キジ オオバン キジバト フクロウ アオゲラ アカゲラ コゲラ キセキレイ セグロセキレイ ヒヨドリ モズ カワガラス ジョウビタキ ツグミ キクイタダキ エナガ コガラ ヒガラ ヤマガラ シジュウカラ ゴジュウカラ ホオジロ カシラダカ アトリ カワラヒワ マヒワ ハギマシコ ベニマシコ ウソ シメ スズメ カケス オナガ ハシボソガラス ハシブトガラス イカルチドリ
イカルはいるという場所に連れて行ってもらいました 
講師は鳴き声を聞いたというのですが(そばにいた私は分からなかった、、、)結局見つからず ニアミスのようでした 残念無念

でも、そこそこの出逢いはあっても、デジスコが万全でもいい写真を撮れるチャンスはなかったでしょう
スコープで自分も見て、そばにいる人にも見てもらい、見つけられない時はそばの他の人のスコープも見せてもらって、共に喜びを分かち合いました
半分の人はスコープを持っていたのではないでしょうか 
カメラレンズの方ももちろんいました
さすがに鳥バカ集団です またお会いする機会がありましたら、よろしくお願いします
[PR]
by mimi-bird | 2008-12-20 22:14 | ハギマシコ

景色と月 野鳥リスト

野鳥だけ撮っていたのではありません 紅葉の場所にも少しは行きました 
ここには人がたくさんいました いい場所をみなさんよく知ってますね 
近くまで、車も入れるようです
H20年10月撮影
c0079001_1635574.jpg

鏡池です 風がなく、池の表面にさざ波が立たなければ、鏡になります
曇りの時の撮影でしたが、青空ならもっときれいだったでしょう
c0079001_16352263.jpg

月は満月少し前でした
まだ空に明るさが残っている時間でした
デジスコで撮るのにはいい被写体です
もう寒くなったのか、チョウやトンボは見ませんでした

野鳥リスト
ムギマキ コガラ ゴジュウカラ コゲラ アカゲラ クロジ アオジ メジロ エナガ ウグイス シジュウカラ キバシリ キジバト アオバト アカハラ(マミチャジナイかも?) サメビタキ アトリ マヒワ ヒヨドリ ノスリ ハシブトガラス カイツブリ コガモ カルガモ キセキレイ イカル(声) カケス(声) 27種でした

現地での直接聞いた目撃情報では ヤマガラ カワガラス クロツグミ アオゲラ マミチャジナイ カシラダカ なども
この時期としては少なくはないということでした
翌週になると、ムギマキ マミチャジナイはいても、クロジなど里に降りていなくなり個体数はさらに少なくなるそうです

それでも、野鳥が少ないと感じました
ムギマキ撮って引き上げる時に30分以上歩いて、出逢ったのはゴジュウカラだけでした
カラ類の混群に出逢ったのは3日間で4,5回だったのではないでしょうか
ここでも野鳥が少なくなっていると 長野県の野鳥の会の会長をつとめたことのある宿のご主人が話していました
[PR]
by mimi-bird | 2008-10-22 21:16 | 景色

秋の飛島 14 リストを

この秋の飛島で会った野鳥のリストをやっと出しましょう
 H20.9.29日~10.2日(行きの航路を含む)
c0079001_17271442.jpg

ツツドリの羽だそうです 教えていただいて、ありがとうございました
上の畑に散らばっているのをオジロビタキと遊んでいる時に気が付いて、3枚だけいただきました
自然の摂理とはいえ、犠牲になった、野鳥に合掌しながらいただきました

1オオミズナギドリ(航路2羽のみ) 2ウミウ 3マガモ 4ヒドリガモ 5ウミネコ(カモメ類は識別が出来ていない) 6アオサギ 7イソシギ(航路) 8タシギ 9トビ 10大型猛禽クマタカ? 11ハヤブサ 12カラスバト(声のみあちこちで) 13キジバト 14ドバト(野鳥?) 15トケン(ツツドリ?3羽赤色型も) 16アカハラ 17アカゲラ 18キセキレイ 19ハクセキレイ 20ホオジロハクセキレイ 21ヒヨドリ 22モズ 23ノビタキ 24ツグミ 25ハチジョウツグミ 26ウグイス 27メボソムシクイ 28オオルリ 29サメビタキ  30エゾビタキ 31オジロビタキ 32シジュウカラ 33メジロ(多かった) 34ホオジロ 35コホオアカ 36シベリアアオジ 37カワラヒワ 38スズメ 39ムクドリ 40ハシボソカラス 41ハシブトカラス 42コサメビタキ追加です
43キマユムシクイ追加 1年後に判明しました
やっと40種越えました
一人での探鳥は苦戦です

飛島の名物男 Oさんは双眼鏡だけで歩いて、春の鳥が多い季節なら 100種 記録するそうです
まだお会いしたことがないのですが、噂だけでも凄い 
いつかお会いできるでしょうか

宿の記録には 9月20日~25日(欠航により2日延泊)
ハチクマ、キアシシギ、アオバズク(3晩鳴いていたそうですが、聞こえず  アオバズクはもう抜けたのでしょう) アマツバメ、サンショウクイ、コルり、サバクヒタキ、マミチャジナイ、シマセンニュウ、キタヤナギムシクイ、ムジセッカ、カラフトムジセッカ、カラフトムシクイ、センダイムシクイ、コサメビタキ、シマアオジ、ニュウナイスズメ、コムクドリ、ツミ、キマユムシクイ、ウズラ、コシジロアジサシ、アカモズ、ムネアカタヒバリ、ズアオホオジロ♀or若♂(写真付き) 
などもありました
ベテランが2人で 6日間で 73種でした
これで、野鳥が少ないと嘆いていました 数は少なかったですね
[PR]
by mimi-bird | 2008-10-08 18:24 | ツツドリ