<   2007年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

今年の思い出いろいろ

今年出逢った野鳥たちはいろいろありますが、思い出深いのはどの子でしたか、回想しています
(野鳥を見るのは双眼鏡がなくても自然に見ていますが、デジスコはしばらく出来ていません)
下線のある青い字をクリックすると過去のブログに出した画像が出てきます

ひいきの地元での今年の一番は、初記録で写真も撮れて、一ヶ月以上いた ヒレンジャクでしょうか
近くの人には教えて、見ていただいた方も何人かいました
そのほか、初記録のルリビタキのメスも思い出深い
ホトトギスの幼鳥は自分でもその場で識別できませんでしたが、ジワジワとうれしさがこみ上げるものがありました
地元の自然が豊かになってきた部分が確かにあるのです
また、タマシギも良い写真には出来ませんでしたが、いるだけでもうれしいものです

出逢いに行って、逢えた子はたくさんいました
コミミズク オガワコマドリ ムギマキ 囀るコルリ  ズアカアオバト カラスバト アオシギ キタヤナギムシクイ などなどそのほかにもたくさんです
どの子もそれぞれ思い出深い 
そこの土地の風景、ご一緒した方との語らい、偶然の出逢い、なども含めて思い出は宝ものに思えます
そう、トラブルでさえ過ぎてしまえば、良い思い出になります
(いつでも解決できていないトラブルをいくつか抱えていますが)
いろいろな方にいろいろなことで、お世話になりました
メカ音痴の私が、これだけ楽しく野鳥と遊び、自然に親しみ、HPやブログまでやっているのが不思議です
みなみなさま、ありがとうございました
そして、また来年もどんな出逢いがあるでしょうか、楽しみです
来年も引き続き、よろしくお願いします
[PR]
by mimi-bird | 2007-12-30 21:53 | 未分類

人懐こい ヤマガラ

今日は年賀状を投函しました 
あて先に間違いがなければ、近い人には元日に届くでしょうか

さて、まだ引っ張っていますが、在庫です
ここのヤマガラは特別人懐こいのです
その昔、いえほんの数十年前 
人のためにおみくじを引いてくれた神様のお使いのヤマガラです
H19年12月撮影
c0079001_2055246.jpg
c0079001_206676.jpg

人がいるそばでおねだり顔
c0079001_2062825.jpg
c0079001_2064069.jpg

豆菓子の中のピーナッツを取り出して、ご一緒した方の手に乗せるとすぐに取りに来ました
手に乗せたピーナツを食べに来た ヤマガラです
待ってましたとばかりでした そして、すぐに両足で押さえて食べ始めました
この日は人が少なく、お腹が空いていたのかしら

手に乗った時は、命の軽さと重さを感じる瞬間です
カップルがいればピーナッツを渡すのですが、渡すピーナツがなかった、、、

必ず、顔を見て様子を見て、取りに来ます
野鳥が意思を持って考えながら、みずから決めた行動をしているのがよく分かります
餌付け撮影を嫌う私が、手に乗せたピーナッツをやるのは矛盾かもしれません
ここのヤマガラは神様のお使いとして、人との信頼関係の歴史があります
[PR]
by mimi-bird | 2007-12-28 20:35 | ヤマガラ

年賀状用写真は撮れませんでしたが オシドリ

冬になると、一度は行きたくなる オシドリのいる所です
以前来た時は、カップル成立する過程を覗き見してました~~♪
オスがおすましして立っていました そのそばにメスが寄ってきたら、オスがうれしそうにメスの回りをグルグル回っていました~~
完全にメスがオスを選んでいました
同じような場面を期待しましたが、今回はタイミングが合わなかった 残念無念!!
ここは、野鳥が近いのですが、暗いのです
H19年12月撮影
c0079001_19584676.jpg

イチョウ羽の美しいオス メスよりたくさんいました
c0079001_19591689.jpg

頭の上からですが、ピントが甘すぎ、、、、暗いからですよね(腕ではない、、、)
c0079001_1959416.jpg

メスは木の上で何しているのかな、ドングリを隠しているのかしら
ドングリを群れで食べに来るのを撮りたかったけれど、よく動くので、動体ブレで藪の中で、すぐに池に戻るし、見るだけで精一杯でした
c0079001_200643.jpg

ペア写真はこんなのしか、、、、それにペアではなく、偶然そばにいただけのような、、、

近くでルリビタキのメスタイプや、ヤマガラ、アオジ、シジュウカラ、メジロ、カワラヒワ、カワセミ、スズメと小鳥の群れがしばらく楽しませてくれました
そこにいた女性と、しばらくご一緒して、一人より楽しいひと時を過ごせました
[PR]
by mimi-bird | 2007-12-27 20:10 | オシドリ

そばにいれば、撮ってしまいます カワセミ

カワセミを待って、撮ることはほとんどしませんが、目の前に止まっていればやっぱり撮ります
しかも、飛んでもすぐそばにまた止まります 
「カワセミはゆっくり見られますよ」とバードウオッチング初心者に言ったのを証明してくれました
「ここで見るのは始めて、ゆっくり見られた」と喜んでいた 
この子は、ホバリングも、魚を捕って枝に打ち付けて食べる場面も見せてくれました
デジスコでは間に合わず、撮れなかった、、、(涙)
絵にならない、ゴシャゴシャの所ですが、カワセミが美しいのでいいかな
H19年12月撮影
c0079001_22495676.jpg
c0079001_2250922.jpg

クチバシの下が赤い、カワセミ嬢です
「こっち向いて」のリクエストに応えてくれた良い子です
[PR]
by mimi-bird | 2007-12-26 23:07 | カワセミ

出掛けていって逢えたのは ジョウビタキ

今日は、寒いという予報に、たじろぎましたが、行ってきました
年賀状の写真を撮りたかったのですが、在庫から探すことになりそうです、、、
そこそこ鳥はいましたが、条件と腕と機材が、、、

偶然居合わせた、女性の初心者バードウオッチュアーと半日ご一緒しました
スコープで、鳥を見るのが始めてということで、いくつか見てもらい、喜んでいただきました
一緒にお庭に入り、鳥探ししました
案内された、餌付け撮影場所には、人もいず、餌もなくなっているようで鳥も来ませんでした
昨シーズン嫌な思いをして、遠のいていた場所です

餌付け場所を離れて、探して探して、やっと見つけたのは ジョウビタキオス でした
H19年12月撮影
c0079001_207724.jpg
c0079001_2072048.jpg
c0079001_2073195.jpg
c0079001_2074276.jpg
c0079001_2075210.jpg

この子を撮影している間は、寒さが少し遠のきました
ジョウビタキも寒いのか、膨らんでいます 
でもやはり寒くて、帰りがけに熱いラーメンなど食して温まりました
このジョウビタキの後は、不思議にたくさん出逢えました
餌付け場所を離れて良かった 以前にもジョウビタキを見た場所でした
また、少しづつUPしていきます
[PR]
by mimi-bird | 2007-12-25 20:17 | ジョウビタキ

地元の子 アオジ

今日は、クリスマスイブですね
皆さまは、どんなクリスマスをしているのかな
(私は、ブログなどで、寂しく遊んでます、、、)

それにしても、今日はお天気は良いのに、風が強くて寒かったです
これでは、鳥見などで、外にいるのもめげそうです
で、在庫から
H19年12月撮影
c0079001_18414796.jpg
c0079001_18415967.jpg

アオジは、このところ良く見かける 
目の前で、脇のブッシュに飛び込む鳥を目で追って確認してみると、アオジのことが多い
この子は、1羽だけでカナムグラの実を食べていた
ゴミゴミしていますが、この子にとってはご馳走の中にいて、大満足♪ 
おかげで、動くけれど、ゆっくり観察できました
[PR]
by mimi-bird | 2007-12-24 19:01 | アオジ

自然観察会 カシラダカ

今朝は冷たい雨が降っていました
一週間前に下見をした本番が今日でした
雨で中止と思ったのですが、一人でも来たらと決行でした
バスと電車一駅とバスで行きました いつもは自転車で行くのに、大回りでした
事前申し込み者はありましたが、雨天のためか一般参加者はなし、
仲間内だけの野鳥観察でした さみしいなぁ~
H19年12月撮影
c0079001_2131289.jpg

小雨降る中、フィールドに
野鳥は少なかった それでも、途中からは青空が出てきて、野鳥たちも動き出しました
その上、陽が出てくると、空には大きな虹が掛かっていました
「カシラダカは少なくなったね」とウワサをしていたら、出てきました
上の写真は今日のカシラダカです
スコープで見て、上尾筒から背中にかけてキレイなうろこ模様(クリック!過去画像)を見ようというのです
隣にいたホオジロの背中(クリック!)と比べる
今年は多いシメやツグミもスコープで観察 カワセミも出てくれました
でも、雨で観察して歩く範囲が狭く、鳥は25種でした タゲリがいそうな場所まで行けなかった、、、
最後に虹を見たので、得したようで、さわやかな気分になったので、まあ、いいか
[PR]
by mimi-bird | 2007-12-23 22:42 | カシラダカ

地元の青い子は オナガ

地元では、青い子といえば 今のところ、オナガでしょうか、、、
昨シーズンは、地元にも尾の青いルリビタキのメスがいました
今年こそ“青い子”と、期待はしています
でも、今のところ 青い子といえば オナガです
H19年12月撮影
c0079001_17255559.jpg
c0079001_1726932.jpg
c0079001_17262057.jpg

10数羽の集団で、だみ声で鳴きながら、飛び回っている
飛翔姿は美しいブルーの青い子ですが、止まってしまうと、その魅力は半減、、、
(止まり物しか撮れない私です、、、)
でも、オナガを 「幸せの青い鳥」 と信じている母子に会ったこともある

この日はノイバラを食べに来ていた
他の所にも行っていたので、いろいろなものを食べるのでしょう 柿も好きなようです
カラスの仲間だけあって、オオタカの若様をからかって、目の前を飛んだりします
[PR]
by mimi-bird | 2007-12-22 17:58 | オナガ

気になる白い子 3 オジロビタキ

オジロビタキと思いましたが、自信を失っています
確定はもう少し、お待ちください
やはり、オジロビタキでした、良かった、良かった~~♪
識別ありがとうございました

H19年12月撮影
c0079001_2231980.jpg

お腹側から全身です 尾羽も見えます 
オジロビタキのポーズが粘っても撮れませんでした
c0079001_22315263.jpg

背中側ですが、目にピントが来なかった
c0079001_2232724.jpg

この子も、ルリビタキもこの実をホバリングして食べていました
ホバリングしては、暗い所に潜ってしまいます
おいしいのかな、この実 ヒサカキの実ということです
[PR]
by mimi-bird | 2007-12-21 22:48 | オジロビタキ

気になる白い子 2 オジロビタキ

もったいぶって、出してますが、在庫がないせいでもあります、、、
良い写真が撮れたということはありませんが、、、
H19年12月撮影
c0079001_20133615.jpg
c0079001_20135970.jpg
c0079001_20141624.jpg

c0079001_20192632.jpg

こういう写真では、コサメビタキと思ってしまいそうです、、、
飛んでいれば、見えますが、高い所で、同じ色の背景で、小さいので止まると見失います
この子は 第1回冬羽のオスメス分からない子でしょうか

以前見た オジロビタキ(クリック! オジロビタキのポーズ)は地面にも降りたし、目だって近いところにも来ましたが、この子はブッシュの中が多かったし、地面に降りる姿を見なかった 
高い所を自由に飛び回る様子は、オジロビタキの独特の個性のようです
(オジロビタキは、今のところ全部で 5個体 見たかも♪)
まだ来たばかりで、落ち着かないのでしょうか
また、逢いに行ったら、逢えるかしら? でも遠すぎる、、、
餌付けられてしまうかな 気が揉めます
[PR]
by mimi-bird | 2007-12-20 20:40 | オジロビタキ