カテゴリ:オジロビタキ( 15 )

気になる白い子 2 オジロビタキ

もったいぶって、出してますが、在庫がないせいでもあります、、、
良い写真が撮れたということはありませんが、、、
H19年12月撮影
c0079001_20133615.jpg
c0079001_20135970.jpg
c0079001_20141624.jpg

c0079001_20192632.jpg

こういう写真では、コサメビタキと思ってしまいそうです、、、
飛んでいれば、見えますが、高い所で、同じ色の背景で、小さいので止まると見失います
この子は 第1回冬羽のオスメス分からない子でしょうか

以前見た オジロビタキ(クリック! オジロビタキのポーズ)は地面にも降りたし、目だって近いところにも来ましたが、この子はブッシュの中が多かったし、地面に降りる姿を見なかった 
高い所を自由に飛び回る様子は、オジロビタキの独特の個性のようです
(オジロビタキは、今のところ全部で 5個体 見たかも♪)
まだ来たばかりで、落ち着かないのでしょうか
また、逢いに行ったら、逢えるかしら? でも遠すぎる、、、
餌付けられてしまうかな 気が揉めます
[PR]
by mimi-bird | 2007-12-20 20:40 | オジロビタキ

気になる白い子 オジロビタキ

今回のプチ遠征の第三弾 最後に控えてました
青い子を撮っている時に、高い所で、チラチラする 白くて気になる子がいた
飛び方はヒタキだ  もしかして、でも、でも??

今回同行のYさんは、最初は コサメビタキ と言った
でも、12月ですから、オジロビタキでしょう
H19年12月撮影
c0079001_19393861.jpg

しっぽ上げの オジロらしいポーズを撮りたいのですが、なかなかでした
“こっち向いて”と声を掛けますが、、、
c0079001_19404865.jpg

こっちを向けば、尾が下がる、、、

お目当ての子は気配すらありませんでしたが、「いなくても行ってみましょうか」と2人で行った今回のプチ遠征
思いがけない出逢いがあった  これが鳥見の醍醐味というものでしょうか

ルリビタキも、オジロビタキも、♂♀ともいたジョウビタキも2人だけで堪能しました
もちろん、餌付けされていません 
この子を見たことがある人が他にいるかどうかも分かりません
何年か前の オジロビタキ、ルリビタキ、ジョウビタキの三つ巴のバトルの現場を思い出します

この子の画像は明日にも追加しますネ (もったいつけて、、、)
[PR]
by mimi-bird | 2007-12-19 19:51 | オジロビタキ

餌付け台の上で オジロビタキ

デジスコ初心者の私は、無邪気に餌付け台の上の オジロビタキを撮り、 “可愛い、可愛い” と喜んでいました
H16年2月撮影
c0079001_19161545.jpg
c0079001_19162482.jpg
c0079001_19163582.jpg
c0079001_19164752.jpg

この台に、ミルワームやヒマワリの種を載せるのです
ジョウビタキ♀、ルリビタキ♂もきました
シジュウカラもきましたが、歓迎されませんでした
餌付けの人たちは眺めているだけで、ほとんど撮りません
餌付け台では絵になりません ならしているだけのようでした

“何だか、変だな” と思うようになりました
わたしも、だんだん、餌付けの人がいない時間を見計らうようになりました
でも、その人たちも、長い時間いて、、、

危険だと、止められたので、行かなくなりましたが、一度だけ他の人を頼んでの最後の出逢いをしました

翌年は、この場所には オジロビタキも、ルリビタキもきませんでした 
ジョウビタキの♂はこの場所の少し離れた場所にいました
この餌付け台には、ヒマワリの種が置いてありましたが、、、 
[PR]
by mimi-bird | 2007-01-30 19:34 | オジロビタキ

それは3年前のことでした オジロビタキ

私がデジスコを始めたばかりのことでした
自転車で行ける場所に オジロビタキがいると教えてもらい行きました  
H16年1月撮影
c0079001_1954236.jpg

最初に逢えた日のそこの オジロビタキです
第1回冬羽 オスメスはこの段階ではまだ分かりません
自由に飛び回っていました  この子に夢中になりました
この日は鳥見に来ていた人には逢いましたが、カメラマンは私一人だったように覚えています
c0079001_19545198.jpg

そして、通うようになりました  H16年2月撮影
この写真を撮った同じ場所で、2時間待ってもこなっかた日もありました
そのほんの少しはなれたところで 「こちらにいるよ」 と呼んでくれました
数人での餌付けが始まっていました
初心者の私は、“こうやって撮るんだ”と驚きましたが、、、
この年のここは ルリビタキ♂ ジョウビタキ♀ オジロビタキの三つ巴のバトルが見られる場所でした
木の枝に梅の枝をつないでいます 
ミニカップゼリーの容器にミルワーム(このときに始めて知りました)を入れて、鳥がその場所に慣れてくるのを待っているらしかった
初心者の私は、怖いもの知らずで、この場面を撮っていますが、設定(やらせ)をした人たちはこの場面は撮らずに、カメラに慣らしているということでした
通ううちにエスカレートして、盆栽を持ち込み、カメラを鳥に近いところに置き、離れたところで、レリーズでフラッシュを焚いて、それからゆっくりと写真を撮ろうとしているようでした
ホバリングしている場面を撮りたかったようです
c0079001_19543757.jpg

そして、換羽して喉がオレンジ色になってきて、オスと判明しました
3月の渡去前には ぐぜり鳴き の囀りも聞かせてくれました

でも、少人数で独占し、他の人が入りにくい場所になっていました
「文句言うなよ」という牽制が入るので、「おもしろくない」と行かなかったりする人が多く、少人数で好きにやっていたようです
危険なので私も行くのを止められました

止められると、燃え上がるのが恋ですね、のめりこんでいくのですが、、、
[PR]
by mimi-bird | 2007-01-29 20:23 | オジロビタキ

12月といえば オジロビタキ

ひそかにまた逢いたいと願っている 
でも、大勢に囲まれ餌付けされるのを恐れている オジロビタキ
この子に逢ったのは、2年前のクリスマスイブでした 
H16年12月撮影
c0079001_1720456.jpg

定番のオジロビタキのポーズです
c0079001_17201697.jpg

地面にもよく降りていました
c0079001_17202531.jpg

あちこちと、目立つ所に止まっては、飛び回っていました
第1回冬羽 オスメスは不明 ということです

逢えたのは、2回だけ 
私が行った時は、「もう抜けた」 という情報が回っていたらしい
餌付けられない時に 出逢うことが出来ました 自由に飛び回る姿は野鳥そのものです
人が少なくて、おかげで、存分に楽しめました
その後は行方不明でした
[PR]
by mimi-bird | 2006-12-01 17:28 | オジロビタキ