カテゴリ:オオジュリン( 18 )

地元の オオジュリン

昨夜から余震が多い それもかなり大きい余震です
被災者ではない私が不安になるのですから、被災者はどれだけの恐怖心でおられるのでしょう
怖い時は“怖いね”と話す相手が欲しいですね その方が耐えやすいです

今日は風が冷たく強くて歩けないので散歩はすぐにトンボ帰りでした
H23年4月撮影
c0079001_21123733.jpg

証拠写真ですが、もっといい写真と思っているといなくなりそうですから
今期はオオジュリンは来るのも遅く個体数も少なかった
頭の黒い子が新緑か、菜の花に止まっているのを撮りたいと思っているのですが

やっとお友達とランチしてお喋りして、少し気持が楽になったのに、また余震が頻繁で不安になります
野鳥も少なく、私を癒してくれないこの冬です

桜は今が満開です、寒いので花冷えで、桜が長持ちしますように
被災地の桜も咲きそうですね
花だけは季節を守って綺麗に咲いてくれる ありがとう
[PR]
by mimi-bird | 2011-04-12 21:33 | オオジュリン

地元の オオジュリン

今日は暖かい日でした
オオジュリンと遊びました
H22年2月撮影
c0079001_21552665.jpg
c0079001_21564422.jpg
c0079001_21573574.jpg

必死に葦を齧って、中のカイガラムシの仲間(ビワコカイガラモドキ)を食べているという
c0079001_21584893.jpg
c0079001_2159622.jpg

正面顔

齧っているオオジュリンもう少し
[PR]
by mimi-bird | 2010-02-09 22:14 | オオジュリン

地元の オオジュリン

今の時期は、地元にはオオジュリンは葦原などにたくさんいます
H22年1月撮影
c0079001_17144566.jpg

色が保護色で動けば見えるけれど、止まっていると見失う
“チュイーン、チュイーン”とやさしい声で鳴き、葦原から飛び上がってはまた潜ることが多い
時々は樹の上や葦の高い所に出てくる
3月から4月には頭が黒い夏羽の子もいるようになるので、新緑の緑の背景で撮らせてね

野鳥標識調査で一番多いのはオオジュリンだそうです
足環がついたのもいたようです
同じ個体がまた捕まるっことが多いのも、オオジュリンのようです
[PR]
by mimi-bird | 2010-01-30 19:59 | オオジュリン

地元で オオジュリン

身体ならしで地元です しばらく前からいるオオジュリンです
機材担いでは歩き回れないので、折りたたみ椅子に座って、オオジュリンを待つ
いても潜ってしまうし、色が葦と同じなので、見失う、、、
やっとこれだけ トリミングです
H21年12月撮影
c0079001_1641325.jpg
c0079001_1642611.jpg

証拠写真にしてもひどいですが、、、
それでも、野鳥を待ちながら外にいるほうが気分は良いのです

リハビリには通っています 
整形外科で手でマッサージをしてくれる女性の施術者に指名でマッサージしてもらっています
際立つ効果とはいかないのですが、やっとリハビリに行ってよかったと思えるマッサージを受けれらるようになりました
2か月前には、腰は痛くても、機材担いで歩けたのに
11月5日に転倒してからどんどん悪化しているような気がします
今は腰の痛みは痛み止めの薬を飲まないでもいられますが、腰が曲がって歩けないのです
今の願いは普通に歩けることです
願って努力すれば、いつかはきっと叶うと信じましょう
[PR]
by mimi-bird | 2009-12-27 21:30 | オオジュリン

菜の花で オオジュリン

今日はトラストの活動日でした トラスト7号地のブログです
スミレの園の一番良い季節です

その前に地元の野鳥を少々見て回ります
菜の花にオオジュリンが止まりました 
短時間なので、思うような写真は撮れませんでしたが、りべンジ出来るでしょうか
H21年4月撮影
c0079001_2254215.jpg

地元でアリスイが観察されたそうです 初観察記録です
今年は多かったアリスイが地元にもいたのです
これも自分の目で確かめたいのです
[PR]
by mimi-bird | 2009-04-04 22:09 | オオジュリン

地元で オオジュリン

今日は暖かい日でした
地元を少々探しました 
レンジャクの当たり年 今年多いキレンジャクがいるかもしれないと思ったのですが、見つけられませんでした
ベニマシコの赤い子を見ることが出来ましたが、撮れませんでした
久しぶりに遊水池を見に行ったら、ダイサギ、アオサギ、カワウ、カルガモ、コガモ、ハシビロガモ、オカヨシガモ、マガモ、カイツブリ、ユリカモメ(春野では珍しいのです)とたくさんの種類がいました
冬鳥も移動中で、渡りの準備なのでしょうか
クイナは今日も出て来ず、ホオアカはいつもの場所にもういなくなったようです
それでも、ジョウビタキがオスもメスもいつもの所にいました 
久しぶりにセッカも2羽確認しました キジもいました
今日撮れたのはオオジュリンです
H21年3月撮影
c0079001_19223266.jpg
c0079001_19225036.jpg

今年はオオジュリンが多いようです
もう頭が黒くなっている個体もいます
頭の黒い子を緑の背景で撮りたかったのですが、思うようにはいかなくって 
葦のカイガラムシの仲間を食べるだけでなく、立ち柳などの新緑も食べているようです

More別の話題ですが
[PR]
by mimi-bird | 2009-03-18 19:14 | オオジュリン

足輪付き オオジュリン

地元の葦原で、ホオアカ、ベニマシコを期待していましたが、撮れたのは またもやオオジュリンでした
画像取り込んでみたら、足輪が付いていました
野鳥標識調査が行われた葦原ですから、約2週間前に付けられたものでしょう
H21年1月撮影
c0079001_18433179.jpg
c0079001_18434763.jpg

再捕獲されて、放鳥されたオオジュリンは6年も足輪をつけたまま生活していたのでしょう
この子は今回標識された29羽のうち、オオジュリン15羽の中の1羽でしょうか
カメラマンは足輪付きを嫌がるそうです
確かに野鳥というのに、足輪が付いているのは、不自然です

それに小鳥に付けられた足輪では写真になっても、番号を読み取れないのです
再捕獲しなければ、移動を確認するデータにはなりません
データがないのですから、小鳥類の保護はまだ保護すべき場所なども分からず、難しいようです

大型の鳥移動は双眼鏡だけで見られるカラーリングなどで確認でき、観察者からの報告で、渡りのルートがある程度解明できます
渡りの場所の保護などに役に立っているようです
Y干潟に行けば、カラーリングのついたシギチドリがたくさんいます
ラムサール条約で保護地になっているY干潟です
[PR]
by mimi-bird | 2009-01-25 19:26 | オオジュリン

地元の子 オオジュリン

芦原にいる代表のオオジュリン 12月には来ていましたが、粘らなかったので、撮れませんでした 
今期やっと撮りました この芦原にはたくさんいました
普通種ですが、地味で目立たないので、認知度は低いでしょうか
通りがかりの方もご存じないようでした

野鳥標識調査で、この芦原に、ベニマシコが掛かりました
また、2日前にホオアカもはっきりと見ました
待ってみようと、粘りましたが、やはりベニマシコもホオアカも見ることも出来ませんでした
それでも、撮らなくてはと思っていた、オオジュリンは何とか撮れました
芦原では殺風景ですが、オオジュリンはこの環境に住んでいます
H21年1月撮影
c0079001_19511241.jpg

おすまし顔です
c0079001_19521745.jpg

葦のなかの ビワコカタカイガラモドキ という カイガラムシの仲間 を食べているそうです
c0079001_19523628.jpg

音を立てて夢中になって食べています
真似して、スズメやシジュウカラが食べていることもあります、いかにもおいしそうですからね
c0079001_1953244.jpg

正面顔も一応出しましょうね  あ、白飛び、、、
c0079001_19531645.jpg

あらあら、この子はお顔が、、、
野鳥標識調査で、「奇形で(見学にきた)子供たちに見せたくない」と計測をせず、足環を付けずに放鳥された個体でしょう
「身体も小さいし」ということでした
ガンか何かの病気ではないかとか、この状態でシベリアから渡ってきたのですね
c0079001_1953293.jpg

ほら、お顔の反対側は元気そのもの
生き抜く意思を持った個体ですね 
傷ついても、生き抜く意思を持った子よ、あなたに幸あれと祈ります
[PR]
by mimi-bird | 2009-01-19 20:04 | オオジュリン

新緑の中で オオジュリン

まだ地元にも、少しいるオオジュリン 
色が濃くなってきましたが、頭が黒い子は見当たりません
H20年3月撮影
c0079001_21594524.jpg

アシの中でカイガラムシの仲間を食べていることが多いオオジュリンですが
新緑の季節には新芽を食べています 新鮮な緑はおいしくて、栄養もあるのでしょう
人間の食べる春野菜もおいしい季節ですね

今日はプチ遠征をしてきましたが、画像をまだ準備できませんから、在庫です
地元の子もちゃんと見ています
そろそろ、オオジュリンも少なくなってきました
ツバメが増えて、コチドリもいるのですから、入れ替わりの時期ですね
[PR]
by mimi-bird | 2008-04-01 22:05 | オオジュリン

残り雪の地元で オオジュリン

残り雪のある風景では撮れなかったけれど、オオジュリンが少し増えてきて、川の葦にもいるようになってきた
H20年2月撮影
c0079001_9445699.jpg
c0079001_945636.jpg

オオジュリンは多い年はスズメよりたくさんいる
でも、今期は群れでいるスズメやカワラヒワは目立ちますが、オオジュリンはまだまだ少ない
やさしい鳴き声が聞こえても、姿を見るのは待たないと、上がってきてくれません
[PR]
by mimi-bird | 2008-02-06 21:31 | オオジュリン