地元の青い子は オナガ

地元では、青い子といえば 今のところ、オナガでしょうか、、、
昨シーズンは、地元にも尾の青いルリビタキのメスがいました
今年こそ“青い子”と、期待はしています
でも、今のところ 青い子といえば オナガです
H19年12月撮影
c0079001_17255559.jpg
c0079001_1726932.jpg
c0079001_17262057.jpg

10数羽の集団で、だみ声で鳴きながら、飛び回っている
飛翔姿は美しいブルーの青い子ですが、止まってしまうと、その魅力は半減、、、
(止まり物しか撮れない私です、、、)
でも、オナガを 「幸せの青い鳥」 と信じている母子に会ったこともある

この日はノイバラを食べに来ていた
他の所にも行っていたので、いろいろなものを食べるのでしょう 柿も好きなようです
カラスの仲間だけあって、オオタカの若様をからかって、目の前を飛んだりします
[PR]
by mimi-bird | 2007-12-22 17:58 | オナガ


<< 自然観察会 カシラダカ 気になる白い子 3 オジロビタキ >>