地元の オオジュリン

昨夜から余震が多い それもかなり大きい余震です
被災者ではない私が不安になるのですから、被災者はどれだけの恐怖心でおられるのでしょう
怖い時は“怖いね”と話す相手が欲しいですね その方が耐えやすいです

今日は風が冷たく強くて歩けないので散歩はすぐにトンボ帰りでした
H23年4月撮影
c0079001_21123733.jpg

証拠写真ですが、もっといい写真と思っているといなくなりそうですから
今期はオオジュリンは来るのも遅く個体数も少なかった
頭の黒い子が新緑か、菜の花に止まっているのを撮りたいと思っているのですが

やっとお友達とランチしてお喋りして、少し気持が楽になったのに、また余震が頻繁で不安になります
野鳥も少なく、私を癒してくれないこの冬です

桜は今が満開です、寒いので花冷えで、桜が長持ちしますように
被災地の桜も咲きそうですね
花だけは季節を守って綺麗に咲いてくれる ありがとう
[PR]
by mimi-bird | 2011-04-12 21:33 | オオジュリン


<< 満開のサクラの下で ツマキチョウ 地元で花を見ながら散歩 >>